メイドインアビス

【ネタバレ考察】「メイドインアビス」56話~贈り物~【漫画】

  • メイドインアビス
メイドインアビス56話~贈り物~ 2020年11月20日に メイドインアビスハローアビス#56(56話) の更新が来ました! 今回は更新に気づいたのが21日だったので少しブログの更新が遅くなってしまいました。 サブタイトルは贈り物。 下記ページで読むことができます! メイドインアビス ハローアビス#56(56話) ~贈り物~ メイドインアビス56話~ファプタとレグ~の感想はこちら メイドインアビス56話の概要 前回のメイドインアビス55話からレグとファプタの闘いが続いていましたが、残念ながらレグはファプタを止めることができませんでした。 メイドインアビス56話ではファプタがレグの記憶が失っている件をリコを問い詰め襲いかかるシーンがありました。 そしてようやくナナチ復活です。 リコ「ンナチ…!?」 はちょっと笑いました。 まさかのベラフも自我を取り戻しました。 ベラフがファプタに自分の記憶を渡し、ファプタは同様を隠せないようですがイルミューイとヴエコの関係性も知ることになり動きが止まりました。 ナナチは 「あれで止まる姫様じゃねえだろうけどよ 今のうちだ」 と策を考えています。 そんな中、壁が破壊されたイルぶるの中にリュウサザイを始めとする絶界(第六階層)を支配する原生生物が入ってきてしまったところで56話は終わりました。 メイドインアビス56話の考察 ジュロイモーについて ファプタは三賢で唯一出自が謎のジュロイモーに命令をしてレグを押さえつけさせました。 ジュロイモーの表情が全く読めないので考察が難しいんですが、これは瀕死のジュロイモーが言うことを聞かされてるという認識で良いんですよね。 ジュロイモーも元人間ではなくイルぶるが生み出した生物であれば、ひょっとするとファプタが成れはての姫であるということで無条件に言うことを聞いている可能性もあるんでしょうか。 (たぶん前者だとは思いますけど) レグの記憶について ファプタは三賢のジュロイモーに命令をしてレグを押さえつけたあとリコにレグの記憶が失われていることを問いただします。 ファプタはリコが何かをしたと思っていてかなり憎んでいる様子で 「おまえさえ…おまえさえ…いなければ…!」 といいリコに襲いかかります。 ただ、僕は全話の感想・考察記事でも書いたように、レグの記憶が失った原因は 最初期にオースでリコがレグに流した高圧電流のせい ではなく レグが最後の1回の火葬砲を使い切ったから ではないかと考えています。 ナナチ(とベラフ)の復活 ンナチ…!? ようやくナナチが帰ってきました。 今にも全てを破壊しそうなファプタの前にベラフとともにファプタを止めに来ます。 しかもベラフはどうやら自我を取り戻している様子です。 ワズキャンがこのシーンで 「いいね…! ようやくだ ようやく辿り着いた」 と言っているため、この展開までもがワズキャンの予想通りであったようです。 ベラフはイルミューイに「全て奪ってくれ」と願っていたようですがどうやら記憶だけは奪われていなかったようで、その記憶をファプタにぶつけました。 これによってファプタは母親であるイルミューイとヴエコの関係性を知ることになりましたね。 これでヴエコだけはファプタに殺されるということはなくなったんじゃないでしょうか。 ワズキャンの神がかり ナナチはベラフから色々と聞かされたようで、ワズキャンについても 「神がかりを侮るな」「この状況はやつに選ばされている」 と教えられています。 ワズキャンはなんらかの目的があり行動しており、ナナチはそれを この騒ぎでリコが死に瀕した時、欲望の揺籃を3つ宿す、願いの力の化身であるファプタが自らをリコに与えることによって、リコをリコ村にしようとしているのではないか と想定しています。 しかし、そんな中でワズキャンはヴエコを連れてどこかに向かってしまったので、本当の狙いは少し違うのでは?と思っています。 51話でヴエコが身を投げようとしているシーンでワズキャンとヴエコが以下のような会話をしています。 ワズキャン 「ヴエコ…君が居なくなってしまったら イルミューイの願いは叶わなくなっちゃうよ」 ヴエコ 「か…かわいそうなイルミューイ… きっと悲しんで弱って… 死んでしまう… それで?」

【ネタバレ考察】「メイドインアビス」55話~ファプタとレグ~【漫画】

  • メイドインアビス
メイドインアビス55話~ファプタとレグ~ 2020年7月10日に メイドインアビスハローアビス#55(55話) の更新が来ました! サブタイトルはファプタとレグ。 下記ページで読むことができます! メイドインアビス ハローアビス#55(55話) ~ファプタとレグ~ メイドインアビス55話の感想 前回のメイドインアビス54話ではレグがイルぶるに穴を開けたことにより、膜を通れないファプタがイルぶるに乗り込んできて村の人を蹂躙をしているシーンで終わりました。 メイドインアビス55話では引き続きイルぶるの村人とファプタの戦い(とはいえ一方的に蹂躙してる)とレグとファプタの戦い、そしてファプタの回想でのレグとのやり取りが描かれました。 メイドインアビス55話の考察 レグの師匠について 間違いなくリコの母親ライザのことでしょうね。 過去にライザと一緒にレグが冒険をしているかのようなシーンが描写されていましたし。 ライザの口癖である 「度し難い」 をレグが度々が発言することや、レグの中に複数の魂が存在するような描写もあったため、ライザの魂がレグの中にあるのでは?という考察もありましたが、今回の会話を見ている限りでは違うのではないかと思いました。 単純に師匠であるライザから色々教わったり、一緒に行動していく中で口癖が移っただけな感じがします。 火葬砲の回数制限について 今使う訳にはいかんのだ 次に撃てば僕は… どうなるか分からない もともと火葬砲の回数制限がありそうという話は出ていましたが、今回の内容では回数制限を迎えると使えなくなるというだけではなく何かが起こるといった示唆がされました。 個人的な考察ですが、この回想の時点で残り回数は1,2回で、最後の1回を第一層でリコを助けるのに使ってしまった為、記憶がリセットされたのではないかと考えました。 最初期はリコがレグに対して高圧電流を流したショックで記憶をなくした説も考えていましたが、どちらかというと火葬砲で記憶をなくした説のほうが強そうですねw レグのいう「ハク」 ハクというのは価値あるもの、いちばん大事なものにつけるといったものでした。 レグは「ハク」を探してアビスを登っているようです。頼まれたことがあるとかなんとか。 火葬砲の残量の問題も「ハク」なら手を貸してくれると言っています。 レグのいう「ハク」とはライザにとってのハク、リコのことでよいのでしょうか。 なんらかの理由でハクに協力してもらう必要がある、もしくは伝えてほしいことがある。といった理由でしょうか。 手を貸してくれることが確定かのような言い方については気になります。 リコにできることってなんなんでしょう…? これに関してはひょっとしたらライザから頼まれて探していたハクがリコのことではなく、レグが記憶を失っているから誤って連れてきた説はあるかな。と思っています。 (リコはレグがいなくても奈落の底を目指していたとは思いますけどね) かつてオーゼンがリコとレグが監視基地(シーカーキャンプ)から旅立つ際に 「色々思い出すまで行かせたくはなかったなァ…」 と言っていたのがずっと気になっています。 オーゼンは何らかの事情を知っていると思うんですよね。他の白笛たちが奈落を目指している中、地上付近に留まっている稀有な白笛なので白笛の間だけで流布されていた話というのはある気がします。 ファプタとの約束 レグとファプタとの約束とはハクを見つけたらファプタの元へ戻ってきてファプタへ手を貸すこと。 ファプタの目的はファプタの母親であるイルミューイを開放すること。 そしてその決着がついたら一緒に冒険をする。ということでした。 しかし、レグはその記憶を失い、知らないヒトの子(リコ)と冒険をしていたため、ファプタは嫉妬している感じでしたね。 ときおり通るもの、「石の者」を持つ奴ら ラストダイブをした白笛たちのことですね。 ファプタから見ると白笛たちは恐ろしい存在のようです。 白笛たちが現在どこで何をしているのかについては未だ謎です。 プルシュカをイルぶるに持ち込んだ人物 やはりファプタでしたね。 正確にはファプタはイルぶるに入れないため近くまで持っていっただけか、もしくはガブールンに中に持ち込んでもらったかになると思います。 プルシュカが窮屈そうにしているのを感じ取ったという理由と、リコとプルシュカが惹かれ合っているのであればリコさん隊はイルぶるへと辿り着き、それを見たレグが過去の記憶を取り戻すことを期待したということですね。 とはいえその目論見は外れてレグの記憶がすべて戻ることはありませんでしたが…。 メイドインアビス56話の予想。ファプタとイルぶるのこれから 正直イルぶるは完全に崩壊することはないのではないかと思っています。 ワズキャンが欲望の揺籃の残りカスでイルぶるの崩壊を防ごうとしているということと メイドインアビス55話でのリコたちの目的が 「ファプタを止めること」 なので、少なくともイルぶるの村人が全滅するということはなさそうかなと。 とはいえイルミューイの開放には成功しそう。ひょっとすると新たな欲望の揺籃が出てきてヴエコが使用する可能性もあるのでは…。 (確か欲望の揺籃って個数制限などは特に語られていなかったはずですよね?) ファプタについては、ボロボロになりヴエコに看取られながら死んでいくか。 もしくはファプタは生きていて今後はヴエコが面倒を見ることになるか…。な気がします。 今のところは後者かなぁと思います。リコはファプタに助けてもらったことには感謝はしてるけど殺戮を止めたいという心境のようですし。 メイドインアビス56話でこのままファプタの暴走が止まらなければ前者になりそうかなぁ…。 最終的にレグはファプタに冒険をしようと言ったことを思い出しはするものの、ファプタのリコさん隊入りはなさそうだなぁと思っています。 予測ができないのがメイドインアビスなので全然違う展開になりそうではありますけどねw おわり 毎回ですがメイドインアビスは次の話が気になる終わり方をしますね…!

【ネタバレ考察】「メイドインアビス」アビスの正体、そもそもアビスとは何なのか?【漫画】

  • メイドインアビス
注意 この記事はネタバレありです。 原作既読の方もしくはネタバレが気にならない方はどうぞ。 はじめに 今回はメイドインアビスの作中の重要な舞台である巨大な縦穴アビスについて考察してみます。 まずはアビスの出来事の年代を考えてみる 現代でアビスが見つかったと言われている年代 約1900年前に南ベオルスカの孤島で見つかったとされています。 大穴の街オースの成り立ちは恐らくですが、アビスの発見が外部の探索家にまで周知されるようになってから、多くの探索家がアビスの周囲を拠点として探窟を行ううちに、その拠点が次第に街にまで発展したものと思われます。 つまり、オースの街が出来上がったのは約1900年前以降ということになるでしょう。 ガンジャ隊がアビスに到達した年代 ワズキャン、ベラフ、ヴエロエルコを中心とした探索隊であるガンジャ隊が星の羅針盤が指している場所を目指してアビスにたどり着いた時、探窟家や大穴の街オースは存在せず、代わりに原住民の集落?(元々イルミューイがいた集落)があるだけでした。 この時点で少なくともオースが出来上がったであろう約1900年前以降ではないことがわかります。 また、ガンジャ隊は外部にアビスの存在を伝えることなくアビスに足を踏み入れているので、一般的にアビスが見つかったとされる年代以前に既にアビスを発見していたということにもなります。 原住民が存在した年代 ここで登場した原住民は現代のオースで使用されているオース公用語ではなく、アビス深界六層のイルぶるで使用されているものと同じ 悠遠の文字(ビヨンドグリフ) とその口語を話していました。 悠遠の文字(ビヨンドグリフ) は現代では遺跡から発見される文字で、オース公用語とは文法が違い、未だに新しい文字が発見されるなど、解析が進んでいない言語です。 仮に約1900年以上という長い年月が経過したとしても、それまで使っていた言語が失われて文法レベルで違う言語に変化するものでしょうか? この疑問を簡単に解消できる要素がひとつだけあります。 それは、以前考察記事を書いた2000年の周期です。 2000年の周期 まずは一旦ここまでの情報を整理してみましょう。 以前の考察記事の通り、僕は2000年毎に地上の人間が淘汰されるのではないかと考えているので、もし上記の出来事を全て2000年の周期内に当てはめようとすると、ガンジャ隊がアビスに到達して、原住民と出会った年代は約2000年前~約1900年前の範囲になります。 しかし、先程の言語の問題を踏まえると、もしかするとガンジャ隊と原住民は今回の周期の人間ではないのではないかと思います。 また、大量のお祈りガイコツの存在を考えると、2000年の周期ごとにオースのような街が出来上がっていた可能性が高いので、まだ街と呼べるものができていなかったガンジャ隊のアビス到達のタイミングは、前周期のかなり早い段階ではないかと思っています。 つまりは 出来事 年代 原住民の存在確認 ~約3000年よりも前 ガンジャ隊がアビスに到達 ~約3000年前 地上にいた前周期の人間の死亡 ~約2000年前 アビス発見が報告される 約1900年前 大穴の街オースが出来る 約1900年前~ くらいではないかと。 アビスの謎を紐解く さて、ここまで年代から考えられる仮説を長々と書いてきました。 それを踏まえて引き続き考えてみます。 アビスの謎を紐解くにはやはり2000年の周期とお祈りガイコツが重要ではないかと思います。 お祈りガイコツが見つかった場所 アビスの各地でお祈りガイコツが見つかった場所を考えてみます。 2000年の周期で地上の人間が淘汰されているのなら、お祈りガイコツは地表付近で見つかるはずでは?と思うんですが、見つかっているのはアビスの中なんですよね。 (地上で野ざらしになってたら骨が風化することを考えても、地上には一切の痕跡は見つかってなさそうなのは疑問ですし…) これってひょっとしてかつては地上だった場所がアビスに飲み込まれて深界1層となっているのではないかと考えました。 深界3層の壁面に 「囚われの海賊船」という船がめり込んでいたり、深界2層では逆さに木が生えていたりと不思議な現象が見られますが、これらも元々地上にあったものが徐々にアビスに引き込まれていると考えると納得はできるんですよね。

【ネタバレ考察】「メイドインアビス」次の2000年についての情報まとめ【漫画】

  • メイドインアビス
注意 この記事はネタバレありです。 原作既読の方もしくはネタバレが気にならない方はどうぞ。 アビスの正体について考察した記事の方でも次の2000年に関わる情報に触れていますので、もしよければそちらもどうぞ! 【ネタバレ考察】「メイドインアビス」アビスの正体、そもそもアビスとは何なのか?【漫画】 メイドインアビスの次の2000年とは 初出は黎明卿ボンドルドの 「さあ 次の二千年に踏み入る準備は整いました 共に夜明けを見届けましょう」 というセリフ。 劇場版でも登場した黎明卿ボンドルドですが、実は目的がはっきりしていません。 アビスの底を目指すといった目的以外にも、何か目的があったように思う。とナナチが感じています。 「次の二千年」 や 「アビスの夜明け」 などアビスの重要な秘密を知っているような台詞が多く存在していますよね。 劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明- でも同内容のところまで語られたので、今ある情報で 考察(妄想) していきたいと思います。 考察は現在の最新話である53話までの内容で行います (新情報が出たらこの記事を更新していきたいですね) 次の2000年に関係していそうな要素まとめ メイドインアビスの世界の中では2000年というのはかなり大きな設定が隠されていると思われます。 まずは、この次の2000年に個人的に関係あるんじゃないかという要素をいくつか挙げてみます。 お祈りガイコツの存在 お祈りガイコツというのはアビスの至るところに存在する両手を合わせてまるでお祈りをしているかのようなポーズを取ったガイコツのことです。 このお祈りガイコツは約2000年前の遺骨だと言われており、深界一層「アビスの淵」 の地上から約300メートルの地点には埋葬塔と呼ばれるこのようなお祈りガイコツが何百体と眠っている遺跡が存在しています。 この埋葬塔の下には、まだ遺跡があることが発見されています。 その遺跡の中にも多くのお祈りガイコツが眠っていたそうですが、そのお祈りガイコツはなんと約4000年前の遺骨でした。 さらに、作中ではつい最近さらにその遺跡の下にも遺跡が発見されたという事が語られており、そこに眠っていたお祈りガイコツが約6000年前のものであるという事が判明しています。 つまり2000年毎に大量の遺骨が発生しているという事になります。 そして作中ではそろそろその2000年の周期が訪れようとしてそうです。理由は次の章。 誕生日に死ぬ噂 リコたちが住んでいた 大穴の街「オース」 には誕生日を迎えたら死ぬという噂が存在しています。 実際に作中では今年になって誕生日に亡くなったという方が多くいるということも語られています。 孤児院に居るキユイ(作中冒頭でレグを孤児院に連れ込む為に、本を落として嘘泣きした小さい男の子)も誕生日が近くなり、原因不明の高熱にうなされています。 そこに現れたのが島の外からやってきた船団キャラバンで薬師をしているミオという女性です。 孤児院のリーダーであるジルオ同行の元、ミオはキユイを治療するために一度オースやアビスが存在する孤島の外に船舶している船団キャラバンの医療船に連れていくことにするのですが、医療船に連れていくとキユイの高熱は何事もなかったかのように下がってしまいます。 ミオはまだ何も治療はしておらず 「熱が出ていたことが不思議なくらい健康」 という話をジルオにします。 ミオは 「ここまで来るともはや呪いやまじないの類ね」 という回想とともにオースの中心にある奈落の大穴アビスを思い返す。 といったシーンがあります。 なお、これも不思議な事なんですが、ミオが7年前にオースを訪れた時に、この誕生日に死ぬ噂は一切存在しなかったそうです。 大穴の街オースでの葬式 大穴の街オースでの葬式は遺骨の灰をトコシエコウの花と共にアビスに撒くという方法です。 これは誕生日に死ぬ噂についてジルオがミオに語った時に説明していました。 そして、視点は変わり6層に居るレグの元に 「シェルミは奈落に還り巡る」 というような大量の名札がトコシエコウの花と共に降ってきます。 アビスでは深層に近づくほど地上よりも時間が進むのが遅いといった情報が作中で既に示唆されています。 リコさん隊はここまで来るのにかなりの大冒険をしてきました。 おそらく地上では既に2000年の周期が訪れてしまったのではないかと思います。 そうするとリコが無事な理由は? 仮に地上で2000年が周期を過ぎて次の2000年へと突入してしまったとするなら、なぜリコは無事なんでしょう。 ひょっとすると6層以下では2000年周期の影響を受けないのでしょうか。 5層で黎明卿ボンドルドが「他の白笛も報告もせずに6層に降りた」という話をしていました。 2000年が訪れる前に 無理にでも絶界行(ラストダイブ) をした。とも取れます。 もしくはリコはメイドインアビスつまりアビス産の子であるため2000年の影響を受けない可能性もあります。 もう一点、これは妄想の域なんですが、リコが外国産の食べ物を拾い食いしていたから。という理由も考えました。 その件については長くなるので次の章で。

【ネタバレ感想】劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-【アニメ】

  • メイドインアビス
注意 この記事はネタバレありです。 既に観た方もしくはネタバレが気にならない方はどうぞ。 見てきました! いや~、劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明- めちゃくちゃ楽しみにしてました! 時間の都合が合わなくてなかなか観に行けてなかったんですけどようやく観てきたので感想を。 上映前 とりあえず映画館の発券機でネットで予約していたチケットを発券。 (しっかりど真ん中のいい位置取れました!) 原作は既読済みなので、どんな感じのエグいシーンがあるのか、どのタイミングでエグいシーンが来るのか。 というのは知っていたので、まあ余裕やろ。と思ってポップコーンなどを購入して入場。 上映前の予告映像見ながらソワソワしていました。 上映開始 マルルクちゃんの日常 いきなり、マルルクちゃんの日常が始まってちょっと笑いましたw マルルクちゃんの日常終了と同時に、観る特典目当てで来てるらしき2人組がコソコソ退室。 感想とは関係ないけど正直こういうのもったいないと思うんですよね。 せっかく来たんだから、全部見ていけばいいのになぁ。 映画館の画面、音響設備で見れるのなんて期間限定なんだから、個人的には特典なんかよりもずっと価値があると思ってます。 序盤の静かな立ち上がり やっぱり雰囲気が良いですよね。 広大で危険な自然環境って感じで。 あとBGMめちゃくちゃ良いですね。 Kevin Penkinさん好き。 リコ飯 定番のリコ飯シーンもしっかりありましたね。 もし同じ物が目の前にあってもあまり食べたいとは思えない見た目ですが、あれだけナナチが幸せそうに食べてるから良いのです。 プルシュカ登場 よく考えたらリコと同年代の女の子の登場ってプルシュカが初ですよね。マルルクちゃんはアレですし。 個人的に声はイメージ通り。 というかメイドインアビスはほぼ全員声優さんイメージ通りなんですよね。 強いて言うならオーゼンの声は思ったよりもネットリした感じの喋り方だな。 とは思いましたけど、それも合ってないとか嫌いとかではなくこういう感じかぁー! という感想なので。 黎明卿ボンドルドも登場 おやおやおやおや。 プルシュカから離れていただきたい。 次の2000年については原作でもまだ不明なので気になるところです。 暴走レグvsボンドルド 暴走状態のレグめちゃくちゃカッコイイし、劇場版のこのシーンは色々と考察の余地があっていいですね。 レグとライザが一緒に旅をしていたような描写とか、レグの身体には複数の魂がとかは元々言及されていましたけど、 よくある考察としてはレグ≒ライザとかレグの中にライザの魂があるのでは?と言われることがありますが、 今回この暴走状態のレグのシーンで一瞬ライザのカットが移りましたよね。 やはりこの考察が濃厚なんでしょうかねぇ。 プルシュカの過去回想 やめてくれ。その術は俺の涙腺に効く リコの「行っちゃダメェ!」 悲壮感すごかった。好き。 レグvsボンドルド決戦 ボンドルド強すぎて本当に化け物ですね。 というか多分白笛はみんなあのくらいヤバいんでしょう。 アニメーションはレグもボンドルドも縦横無尽に動き回って迫力があってとても良かったです。 カートリッジプルシュカのシーン ゴポッ…ゴポォ… 漫画よりずっとエグい 度し難い 絶対に許さんぞボ卿 そのシーンで涙を浮かべながらポップコーンをモシャモシャ食べるヤベー奴と化しました。 リコの白笛 おめでとうリコ。 ついに自分の白笛を手に入れたね。 これで君はデコメガネ卿だ。 絶界行(ラストダイブ)シーン みんなで膜を通るシーンですね。 漫画だとナナチが膜にちょっと引っかかって微笑ましい感じのシーンだったと思ってたんですが、 今回のシーンだとなんとなくナナチだけ拒絶されている感じにも見えたのは気のせいですかね?考えすぎ…? 全体的な感想 原作+αな描写で大満足でした。