ユーベルブラット

【感想】「ユーベルブラット」の紹介と全巻読んだ感想・評価【漫画】

  • ユーベルブラット
ユーベルブラットを三行で紹介 剣と魔法の(ダーク)ファンタジー世界 主人公は元勇者一行のリーダー的存在 裏切られた主人公の復讐劇 ユーベルブラットの作品概要 ユーベルブラット は、 塩野干支郎次 によって ガンガンYG、ヤングガンガン、増刊ヤングガンガンビッグ、月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス) で2004年から2019年まで連載されていたファンタジー漫画作品です。 現在は連載が終了しており、単行本は全24巻 です。 0巻~23巻 という珍しい構成になっていますが、0巻から読み始めて問題ありません。 ユーベルブラットのあらすじ 物語の舞台は、妖精や魔物、魔法が存在する世界「サーランディエン」にある、サーラント帝国。 神託暦3968年、帝国は結界の向こうから現れる異形の魔物「闇の異邦(ヴィシュテヒ)」の脅威に晒されていた。 時の皇帝は14名の勇者に聖なる槍を与え、「闇の異邦」を封じる使命を命じた。 旅の最中、3人が犠牲となり、彼らは「尊き未帰還者」と呼ばれた。 その後に4人が「闇の異邦」に寝返り、彼らは「裏切りの槍」と呼ばれ、残った7人に討たれた。 そして神託暦3972年、残る7人は封印の使命を果たし、彼らは「七英雄」として称えられ、人類は束の間の平和を手に入れた。 しかし、歴史の真実は異なっていた。 実際に命を賭して「闇の異邦」を封じたのは「裏切りの槍」と呼ばれた4人の方だったのである。 「七英雄」は途中で怖気づき、使命を放棄しただけでなく、使命を終えて戻った4人を己の名誉のために殺害したのだった。 瀕死の傷を追いながらも生き延びた帝国最強の剣士「アシェリート」は 自分と仲間をあざ笑いながら切り刻んだ真の裏切り者である七英雄への復讐を誓い、妖精の力を得て亜人となって蘇った。 Wikipediaより引用 ユーベルブラットの個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★☆ アクション ★★★☆☆ キャラクター ★★★★☆ 総合評価 ★★★★☆ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 ユーベルブラットのストーリーの感想 主人公の ケインツェル が、帝国民から 七英雄 と称えられている7人に復讐をするというストーリーです。