齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定

【感想】「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」を読んだ感想【漫画】

  • 邪竜認定
はじめに このページでは漫画「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」の感想について書いています。 書籍版の「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」はコミカライズ版を読んだ後に1巻を購入して読んだだけなので、もう少し読んだ後そちらはそちらで別の記事として感想を書くかもしれません。 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定を三行で紹介 よわよわ草食ドラゴン(おじいちゃん)がつよつよ生贄少女に振り回される 魔王軍幹部の最強のドラゴンが魔王を裏切り魔王討伐の旅に出る(すべて勘違い)中、立ち寄る町で人助け 勘違い系ファンタジーギャグ 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定の概要 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定 は 榎本快晴 によって 小説家になろう に投稿され、角川スニーカー文庫から書籍化(イラスト:しゅがお)、月刊ガンガンJOKERでコミカライズ(漫画:ムロコウイチ)された作品。 コミカライズ版は全5巻。 5巻のあとがきに「コミカライズ最終第5巻」「コミカライズはここまでで一区切り」といった文章があったので、今のところ続きがコミカライズされる予定はなさそうです。 (出てほしいですけどね) 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定のあらすじ 約5000年もの長い時をひっそりと生きてきた、心優しく人畜無害な草食ドラゴンがいた。 そんな彼の前に現れたのは、「生贄」を自称する少女・レーコ。 レーコは彼を、“邪竜レーヴェンディア”だと思い込んでいて──。 空も飛べなきゃ、魔力も無い。そんな“邪竜様”と、“勘違い生贄少女”による魔王討伐(?)の旅が始まる!! 公式サイトより引用 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定の個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★☆ キャラクター ★★★★★ ギャグ ★★★★☆ 総合評価 ★★★★☆ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定のストーリーの感想 世を脅かす魔王とその配下の魔王軍、そしてその幹部であり、魔王と同格の力を持ち、魔王に次ぐ懸賞金額を持つ 邪竜レーヴェンディア 。 今の所は 邪竜レーヴェンディア は特に動きがないが、いつ虐殺行為に及ぶかが分からず怯える日々を過ごす人間達。 その 邪竜様 の住処の麓の村の住人達は村の安全を守る為、先手を打って 邪竜様 に生贄を捧げ、その代わり魔王を裏切って人間の味方をしてくれないかと頼み込む。