スポーツ

【感想】「はねバド!」の紹介と全巻読んだ感想・評価【漫画】

  • はねバド!
はねバド!を三行で紹介 萌え漫画とみせかけた燃え漫画 後半のバドミントン描写がすごい 絵柄の変化を眺めるのも楽しい はねバド!の作品概要 はねバド! は、 濱田浩輔 によって good!アフタヌーン(講談社) で2013年から2019年まで連載されていた、高校女子バドミントンを題材にした漫画作品です。 現在は連載が終了しており、単行本は全16巻 です。 また、アニメ化もされています。(そちらのレビューもそのうち…) はねバド!のあらすじ 母校である県立北小町高校バドミントン部のコーチになった立花健太郎(たちばな・けんたろう)。 部員数が足りず団体戦にも出られない部を立て直せないかと悩む中、校庭の大木を難なく駆け上る運動神経抜群の少女・羽咲綾乃(はねさき・あやの)を見つけ、なんとか勧誘しようとする。 だが彼女はなんと……バドミントンが嫌いだった! 目指せ100倍青春、バドミントン部ストーリー開幕! 単行本1巻のあらすじより引用 はねバド!の個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★☆☆ アクション ★★★★★ キャラクター ★★★★☆ 総合評価 ★★★★☆ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 はねバド!のストーリーの感想 ストーリーは、王道のスポーツ漫画といったところです。 部員が減ってしまい大会団体戦に参加することができないバドミントン部に、稀有な運動能力をもった主人公 羽咲綾乃 が加入して大会出場、優勝を目指すストーリーです。 1部の 県大会編 と2部の 全国大会編 の全2部構成となっています。 県大会が始まった辺りからのストーリー展開はとにかく熱い。 はねバド!のアクションの感想 序盤は絵柄のせいか、バドミントン描写が少しわかりにくい部分もありました。 中盤以降はバドミントン描写が非常にわかりやすく、スピーディーな試合展開を楽しむことができました。