ファンタジー

【感想】「ラグナクリムゾン」の紹介と感想【漫画】

  • ラグナクリムゾン
ラグナクリムゾンを三行で紹介 人を襲い続ける竜を狩る狩竜人という職業が存在するファンタジー世界 ヘボ狩竜人の少年ラグナが未来の自分から強大な力を受け継ぎ竜を狩る 全ての竜を狩り尽くすために手を組んだ相手は元竜王クリムゾン ラグナクリムゾンの概要 ラグナクリムゾン は 小林大樹 によって ガンガンコミックスJOKER にて2017年から連載中のファンタジー漫画作品です。 2020年6月現在コミックスは6巻まで発売中。 7巻は2020年07月21日発売予定。 ラグナクリムゾンのあらすじ 銀剣を振るい、竜を狩り、報酬をもらう職業──『狩竜人(かりゅうど)』。 ヘボ狩竜人の少年・ラグナは、ぶっちぎりの竜討伐数を誇る天才少女・レオニカとコンビを組み、日々、竜討伐に挑んでいた。 ラグナの願いはひとつ──「強くなれなくてもいい。レオのそばにずっといたい。」 少年の想いは最凶最悪の竜の強襲により、儚くも散りさる…。 挑むは、絶対強者。抗うは、強制運命。限界のその先へ──。 超ストイック異世界極限バトル!! 公式サイトより引用 舞台は王国の都市ロナベーラ。 主人公の狩竜人の少年ラグナは、竜討伐数ぶっちぎりの1位である神童レオニカとコンビを組み、竜討伐をしています。 コンビといってもラグナはほとんど戦力にはなっておらず、ほぼレオニカが竜を狩り、ラグナは世話係のような立ち位置です。 ラグナは「自分には狩竜人の才能は無いが、少しでも彼女の役に立って死ねればそれでいい」と考えながら鍛錬を続けていたところ、突然幻覚のような形で 「それは叶わない。お前は失う」 と謎の男から告げられ、レオニカが死ぬ光景を目にします。 「もうすぐだ」 と告げて消える謎の男。 夢とは思えない光景に悩むラグナの元に「竜の動向がおかしい。まとまって東に移動してきている」という話が入ってきます。 その後、隣の都市であるドナピエルーは壊滅し、国から緊急クエストが発令されたことで、ロナベーラの狩竜人は竜を向かい打つ準備を進めていましたが、ラグナはどうしても夢の光景が忘れられません。 レオニカに逃げたほうがいい。と進言しますが、その瞬間に竜に侵攻が始まってしまいます。 狩竜人がいつも狩っている獣並みの知性しか持ち合わせていない通常の竜 稀に存在する高い知性を持ち人語を操り、通常の竜よりもはるかに強い中位竜 完全な知性を持ち姿形も人間そのものであり、狩竜人にとって出会えば死を意味する上位竜 さすがのレオニカでも上位竜1匹に手も足もでません。 そんな中、上位竜に吹き飛ばされたラグナは再び夢のような幻覚のような不思議な光景を目にし、以前現れた謎の男と対面します。 その男は未来のラグナなのだと言う。 未来の自分から力を受け継いだラグナはレオニカを守るために竜を全て狩り尽くすことを決意する。 ラグナクリムゾンの個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★★ キャラクター ★★★★☆ バトル ★★★★★ 総合評価 ★★★★★ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。

【感想】「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」を読んだ感想【ラノベ・漫画】

  • ラスダン少年
はじめに このページでは「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」の感想について書いています。 ライトノベル版と漫画版の「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」はどちらも最新刊(2020年5月22日現在書籍9巻、漫画5巻)まで読んではいるので、ライトノベルと漫画で別記事として紹介しようかとも思ったんですが、コミカライズの描写が原作に忠実で今の所大きく違いがないのでまとめてしまうことにしました。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語を三行で紹介 小説で読んだ軍人に憧れて田舎の村からはるばる都会にやってきた主人公の少年の物語 ただし、主人公の故郷は伝説の英雄の子孫が暮らす村コンロン(世間ではおとぎ話扱い) 無自覚最強系主人公 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の概要 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 は サトウとシオ によって GA文庫(SBクリエイティブ) より刊行されているライトノベル作品。 イラストは和狸ナオ。コミカライズの作画は臥待始。アニメ化も発表されており2020年10月から放送開始予定。 アニメには本当に期待しています!楽しみですね…! たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のあらすじ 村人誰もが反対する中、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。 しかし、村一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかった。 自分たちの村が「ラストダンジョン手前の人外魔境」だったなんて!! これは無自覚に無敵な少年の勇気と出会いの物語――。 公式サイトより引用 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★★ キャラクター ★★★★★ ギャグ ★★★★☆ 総合評価 ★★★★★ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のストーリーの感想 物語はアザミ王国の王都で士官学校入学試験が行われるところから始まります。 敵対関係にあるジオウ帝国との戦争の為にアザミ王国の軍人であるメルトファン大佐は各地の実力者をスカウトし、士官学校入学試験を受けてもらうのですが、そんな中スカウトした覚えもない化け物じみたオーラを放つ少年が一人… そう、それこそが本作品の主人公ロイドです。 伝説の村コンロン。 大陸最果てにある伝説の英雄の子孫が住む村で、一般的には村の存在自体がおとぎ話という認識です。 ロイドは小さい頃から読んでいた軍人が主人公の小説を読み軍人になることに憧れ、はるばる士官学校入学試験を受けにきたのでした。 故郷のコンロンでは子供にもバカにされるレベルで最弱のロイドですが、果たして王都では…? そんなお話です。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のキャラクターの感想 無自覚最強系主人公ロイド、残念系お姉さんヒロインマリー、ストーカー系ロリババア村長ヒロインその1アルカ、ストーカー系ヒロインその2セレン、守銭奴傭兵乙女ヒロインリホ など個性豊かなキャラクターが織りなすラブコメ要素ありストーカー要素ありな物語です。

【感想】「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」を読んだ感想【漫画】

  • 邪竜認定
はじめに このページでは漫画「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」の感想について書いています。 書籍版の「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定」はコミカライズ版を読んだ後に1巻を購入して読んだだけなので、もう少し読んだ後そちらはそちらで別の記事として感想を書くかもしれません。 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定を三行で紹介 よわよわ草食ドラゴン(おじいちゃん)がつよつよ生贄少女に振り回される 魔王軍幹部の最強のドラゴンが魔王を裏切り魔王討伐の旅に出る(すべて勘違い)中、立ち寄る町で人助け 勘違い系ファンタジーギャグ 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定の概要 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定 は 榎本快晴 によって 小説家になろう に投稿され、角川スニーカー文庫から書籍化(イラスト:しゅがお)、月刊ガンガンJOKERでコミカライズ(漫画:ムロコウイチ)された作品。 コミカライズ版は全5巻。 5巻のあとがきに「コミカライズ最終第5巻」「コミカライズはここまでで一区切り」といった文章があったので、今のところ続きがコミカライズされる予定はなさそうです。 (出てほしいですけどね) 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定のあらすじ 約5000年もの長い時をひっそりと生きてきた、心優しく人畜無害な草食ドラゴンがいた。 そんな彼の前に現れたのは、「生贄」を自称する少女・レーコ。 レーコは彼を、“邪竜レーヴェンディア”だと思い込んでいて──。 空も飛べなきゃ、魔力も無い。そんな“邪竜様”と、“勘違い生贄少女”による魔王討伐(?)の旅が始まる!! 公式サイトより引用 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定の個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★☆ キャラクター ★★★★★ ギャグ ★★★★☆ 総合評価 ★★★★☆ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定のストーリーの感想 世を脅かす魔王とその配下の魔王軍、そしてその幹部であり、魔王と同格の力を持ち、魔王に次ぐ懸賞金額を持つ 邪竜レーヴェンディア 。 今の所は 邪竜レーヴェンディア は特に動きがないが、いつ虐殺行為に及ぶかが分からず怯える日々を過ごす人間達。 その 邪竜様 の住処の麓の村の住人達は村の安全を守る為、先手を打って 邪竜様 に生贄を捧げ、その代わり魔王を裏切って人間の味方をしてくれないかと頼み込む。

【感想】「ユーベルブラット」の紹介と全巻読んだ感想・評価【漫画】

  • ユーベルブラット
ユーベルブラットを三行で紹介 剣と魔法の(ダーク)ファンタジー世界 主人公は元勇者一行のリーダー的存在 裏切られた主人公の復讐劇 ユーベルブラットの作品概要 ユーベルブラット は、 塩野干支郎次 によって ガンガンYG、ヤングガンガン、増刊ヤングガンガンビッグ、月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス) で2004年から2019年まで連載されていたファンタジー漫画作品です。 現在は連載が終了しており、単行本は全24巻 です。 0巻~23巻 という珍しい構成になっていますが、0巻から読み始めて問題ありません。 ユーベルブラットのあらすじ 物語の舞台は、妖精や魔物、魔法が存在する世界「サーランディエン」にある、サーラント帝国。 神託暦3968年、帝国は結界の向こうから現れる異形の魔物「闇の異邦(ヴィシュテヒ)」の脅威に晒されていた。 時の皇帝は14名の勇者に聖なる槍を与え、「闇の異邦」を封じる使命を命じた。 旅の最中、3人が犠牲となり、彼らは「尊き未帰還者」と呼ばれた。 その後に4人が「闇の異邦」に寝返り、彼らは「裏切りの槍」と呼ばれ、残った7人に討たれた。 そして神託暦3972年、残る7人は封印の使命を果たし、彼らは「七英雄」として称えられ、人類は束の間の平和を手に入れた。 しかし、歴史の真実は異なっていた。 実際に命を賭して「闇の異邦」を封じたのは「裏切りの槍」と呼ばれた4人の方だったのである。 「七英雄」は途中で怖気づき、使命を放棄しただけでなく、使命を終えて戻った4人を己の名誉のために殺害したのだった。 瀕死の傷を追いながらも生き延びた帝国最強の剣士「アシェリート」は 自分と仲間をあざ笑いながら切り刻んだ真の裏切り者である七英雄への復讐を誓い、妖精の力を得て亜人となって蘇った。 Wikipediaより引用 ユーベルブラットの個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★☆ アクション ★★★☆☆ キャラクター ★★★★☆ 総合評価 ★★★★☆ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 ユーベルブラットのストーリーの感想 主人公の ケインツェル が、帝国民から 七英雄 と称えられている7人に復讐をするというストーリーです。