ライトノベル

【感想】「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」を読んだ感想【ラノベ・漫画】

  • ラスダン少年
はじめに このページでは「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」の感想について書いています。 ライトノベル版と漫画版の「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」はどちらも最新刊(2020年5月22日現在書籍9巻、漫画5巻)まで読んではいるので、ライトノベルと漫画で別記事として紹介しようかとも思ったんですが、コミカライズの描写が原作に忠実で今の所大きく違いがないのでまとめてしまうことにしました。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語を三行で紹介 小説で読んだ軍人に憧れて田舎の村からはるばる都会にやってきた主人公の少年の物語 ただし、主人公の故郷は伝説の英雄の子孫が暮らす村コンロン(世間ではおとぎ話扱い) 無自覚最強系主人公 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の概要 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 は サトウとシオ によって GA文庫(SBクリエイティブ) より刊行されているライトノベル作品。 イラストは和狸ナオ。コミカライズの作画は臥待始。アニメ化も発表されており2020年10月から放送開始予定。 アニメには本当に期待しています!楽しみですね…! たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のあらすじ 村人誰もが反対する中、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。 しかし、村一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかった。 自分たちの村が「ラストダンジョン手前の人外魔境」だったなんて!! これは無自覚に無敵な少年の勇気と出会いの物語――。 公式サイトより引用 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の個人的な評価・感想 項目 評価 ストーリー ★★★★★ キャラクター ★★★★★ ギャグ ★★★★☆ 総合評価 ★★★★★ ※あくまで個人的な評価ですので、参考程度に留めてください。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のストーリーの感想 物語はアザミ王国の王都で士官学校入学試験が行われるところから始まります。 敵対関係にあるジオウ帝国との戦争の為にアザミ王国の軍人であるメルトファン大佐は各地の実力者をスカウトし、士官学校入学試験を受けてもらうのですが、そんな中スカウトした覚えもない化け物じみたオーラを放つ少年が一人… そう、それこそが本作品の主人公ロイドです。 伝説の村コンロン。 大陸最果てにある伝説の英雄の子孫が住む村で、一般的には村の存在自体がおとぎ話という認識です。 ロイドは小さい頃から読んでいた軍人が主人公の小説を読み軍人になることに憧れ、はるばる士官学校入学試験を受けにきたのでした。 故郷のコンロンでは子供にもバカにされるレベルで最弱のロイドですが、果たして王都では…? そんなお話です。 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のキャラクターの感想 無自覚最強系主人公ロイド、残念系お姉さんヒロインマリー、ストーカー系ロリババア村長ヒロインその1アルカ、ストーカー系ヒロインその2セレン、守銭奴傭兵乙女ヒロインリホ など個性豊かなキャラクターが織りなすラブコメ要素ありストーカー要素ありな物語です。